2006年10月09日

中野美奈子001




ネットからの頂き物ですが...





中野 美奈子(なかの みなこ、1979年12月14日 - )は、香川県丸亀市出身のフジテレビアナウンサー。
身長157cm、血液型はB型。
めざましテレビ http://www.fujitv.co.jp/meza/index2.html
アヤパン公式HP http://www.fujitv.co.jp/ayapan/ ...ranking

香川大学教育学部附属坂出中学校卒業。
香川県立丸亀高等学校卒業。
慶應義塾大学商学部卒業。(遠藤ゼミ国際経済学)(指定校推薦)
在学中にミス慶応に輝く。
大学2年次に、サンフランシスコに留学。
2002年にフジテレビ入社。
高校在学中は写真部に所属、野球部の追っかけをしていた。
大学在学中、慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所で学ぶ。
大学在学中、日本テレビイベントコンパニオンを務め、同局のアシスタント業務等を経験。
アルバイト経験があり親近感のあった日本テレビの採用試験では、最終面接までいったものの不合格。
フジテレビでは茶道部に所属。
持ち前の容姿とテレビ上の明るい性格から、ネット上では数々のファンサイト、ファンブログが確認される程の多くのファンを持つ。
アイドルアナウンサーと揶揄される事も多いが、報道、バラエティ、司会とオールジャンルに仕事をこなす。(但し、ニュースの時によく噛む等、技術に関しては疑問視される事が多い。実際、2006年春に「めざましテレビ」のFNNニュースのコーナー<旧「630ニュース」、現「600ニュース」>を降板させられている。(しかし今でも、高島彩アナウンサーが夏休みなどで休業の時は、代理で出演することがある。)同期の中村仁美とバラエティ番組(IQサプリ等)での共演があると、アナウンス技術の事をよくネタにされ、また先輩アナウンサーにダメ出しだれることが恒例(主に高島彩、福原直英、三宅正治など))。しかし、当人は相当な負けず嫌いであり、カメラの前でもムキになったり、露骨にムッとしたり、反論をすることがある。これはアナウンス技術のダメだしの際に限らない。
愛称
「ナカミー」が最も浸透していると思われる(但し本人はサンケイスポーツの取材で「ナカミー」ではなく「ナカミ」であると強調していた)。
また同僚からは「みなちゃん」、一部のファンからは「みなぽん」とも呼ばれている。
めざましテレビでは、ほかの出演者からは「中野さん」が定着している。例外として、親しい仲である高島彩からは「みなちゃん」と呼ばれることが多い。ちなみに先輩の福原直英、伊藤利尋、奥寺健は「中野さん」、「中野」のどちらかであることが多い。このほか、「みなこさん」と呼ばれることがある。なお、中野の同期の中村仁美が名付けたニックネームは「アイドル」。大学時代からの親友で、1年後輩の戸部洋子からは「みなちん」と呼ばれている。
英語検定2級所持。番組で通訳を務めたこともある。
読売ジャイアンツファン。
キャッチフレーズは、「うどんが打てるアナウンサー」。家でしいたけを作るほどしいたけ好き。
好きな言葉は「努力は人を裏切らない」。これは高校時代にやっていたZ会の情報誌Azestの言葉である。
父親は肛門科の医師。姉も医師である。
音箱登龍門では下ネタを連発したり、セクシーなポーズを決めたりするなど新たな一面を見せた。


必見!利用者からの悪質情報。
出会いサイト最新事情では、貴方に有力な丸秘情報が満載です。


出会いの攻略サイト【出会い攻略.com】

【ENTRY】完全攻略

安心出会いの最高峰!




広末涼子“浄化計画”の異色キャンペーン
 広末涼子(25)が異色のキャンペーンを展開する。「広末涼子、浄化計画」と大胆なスローガンを掲げる日本コカ・コーラの健康茶「からだ巡茶」の新CM「実行編」が25日から放送される。女性の間で広がるデトックス(体内浄化)ブームと、結婚と出産を経て第2の女優人生を歩み始めた広末の現在をだぶらせたユニークなキャンペーンだ。
 広末は、21日から一部地域で放送開始された「宣言編」で「なぜ出演依頼、私にきたんだろう? 私っていろいろたまってそうだからかな」とつぶやいている。実はこの言葉が、もう1つのテーマを知るヒントになっている。
 デビュー以来、ピュアな印象で絶大な人気を得る一方、奔放に映る行動でバッシングも受けた。多忙な芸能活動で自分を見失い、強いストレスを抱えた時期もあった。同キャンペーンは、老廃物や毒素を除去する同飲料のアピールポイントと、広末が精神的な“毒素”を抱えているのではというイメージを巧みに組み合わせたものだ。
 96年に「広末涼子、ポケベル始める」とスローガンを掲げたNTTドコモのCMで大ブレークした。今回も第2の女優生活スタートという時期だけに、絶好のタイミングと言えそうだ。29日から、肩、足、ウエスト、顔などパーツ別に素肌をさらけ出したポスターも掲出される...ranking



本名:安室 奈美恵(あむろ なみえ)
生年月日: 1977年9月20日
出身地: 沖縄県那覇市
血液型: O型
身長: 158cm
体重: 40kg
沖縄アクターズスクールを卒業し、1992年2月9日にスーパーモンキーズのメンバーとして「恋のキュート・ビート/ミスターU.S.A.」でデビュー。
1994年7月20日リリース「PARADISE TRAIN」から「安室奈美恵 with スーパーモンキーズ」として事実上ソロデビューとなる。
1995年4月26日リリース「太陽のSEASON」から安室奈美恵名義となり完全ソロに。
1995年10月25日リリース「Body Feels EXIT」からはavexに移籍し、小室哲哉プロデュースを受け、メガヒットを連発。「アムラー」現象も起こった。1996年にはソロ歌手としては最年少で日本レコード大賞を受賞。
1997年2月19日リリース「CAN YOU CELEBRATE?」は200万枚を売上げ、2年連続で日本レコード大賞を受賞。紅白歌合戦で最年少大トリを飾った。
同年10月にはTRFのダンサーSAMと結婚し、翌年5月には長男(温大)を産んだが、2002年7月に離婚。
愛称はアムロ、安室ちゃん。後輩からは奈美恵姉ちゃんと呼ばれる。...ranking



実は、アナウンサーというより報道記者を目指していた。
1999年ミス慶応(この経歴で今までやってきたと言われるのが嫌で、受験時は公表せずに挑んでいた。)学生時代の自分について「周りにちやほやされ、調子に乗っていたと思う」と音箱登龍門等のバラエティ番組で語っている。当時のBFの影響でデートは主に秋葉原だったこともあり、他の街では誰も自分のことを知らないのに、秋葉原でやたら知名度が高かったことも自分を勘違いさせていたとも語ってる。
サインにはフジテレビのマスコットキャラクター・ラフ君を書き添えることが多い。
アナウンサーフットサルチームリアリー?マドリッドの背番号11番。ポジションはボランチのスーパーサブ。
週刊誌を読むらしく、気にしていたこともあると言っていた。現在は、そこまで気にしてない模様。
新人の頃、めざましテレビで小島奈津子と出演していた際には、緊張のあまり口数が少なく、小島に「もっと喋って。」と言われていた。
めざましテレビで共演している1年先輩の高島彩アナウンサーとはかなり仲が良く、休日に一緒に沖縄などに旅行や年賀状用のコスプレ撮影をしたりしている。なお、高島彩アナのことを「彩さん」と呼ぶ(局アナ界ではで先輩をファーストネーム、ファミリーネームのどちらかで「さん」づけするのは慣例のようである)。
2003年12月3日、めざましテレビのユニット「T.N.T.」として、「約束の空」でCDデビュー。オリコンチャート17位を記録した。なお、同楽曲は"K&T"(軽部真一アナとデュエット)の「君の好きなヒト/悪だった男」のc/wになっている。
ちなみに「約束の空」以外にも、音箱登龍門のキャラクター"リュウ"とデュエットした「落下傘」がある。「落下傘」は同番組後半期のエンディングテーマになり、また番組内でアーティストとして披露された。(なお、CD化はされていない。)
2005年4月16日放送の「赤坂泰彦のサタデーリクエストバトルフジテレビvsニッポン放送 局アナリクエスト合戦スペシャル」(ニッポン放送)に出演。
お台場冒険王2005「めざまし太陽カフェ」案内役。(2005年7月22日放送のワンナイR&R冒険王SPにもナビゲーターとして出演。)
「元気のミナもと」のポーズは中野自身が考えたものであるらしい。一時期、このポーズを広めようと、番組内で出演者や後輩に教えるシーンがあったが、今はそれほど意識しているないようである。ただ、他の出演者から「見たい」と要望があれば、披露することはある。
俳優の伊藤英明と交際していた際、暴力を振るわれていた事を高島彩に相談していた過去を音箱登竜門で暴露されたことがある。
ジャニーズのSMAPの中居正広との交際が噂されたことがあり、実際にマスコミに中居と撮ったプリクラを公開されたことがある。しかし、合成説も強く、真相は不明である。
映画「UDON」に、リポーター役として出演した。なお、同作品は先輩の笠井信輔も出演しているが、出演時間は中野アナのほうが短い。
「めざましテレビ」のエンディングで「今日の占いカウントダウンHYPER」で紹介する写真募集をすることがあるが、その際、郵便番号の「119-0188」を「いいく おいぱぱ」と言うのが恒例。最近は出演者が声をそろえて言うこともある。ちなみにもともとは伊藤利尋が考えたものだが、中野アナ(または高島彩)が言うようになってから浸透した。
2006年8月23日の「グータンヌーボ」で、デビュー当時、好みのタイプは「イケメンがいい」と答えていたことを内田恭子と千野志麻から暴露された。本人は「あの頃は若かったので・・・いまはハートも大事」と必死のフォローをしたが、今はどうなのか定かでない。また、先輩のはずの内田恭子を本人がいないためか「ウッチー」と敬称をつけず呼んだ。ただ、一番後輩の自分はどこに座ればいいのか思案するなどの一面も見せた。





「めざましテレビ」(2002年10月〜)
「めざましテレビ Presents 中野美奈子の広人苑」(フジテレビ721・フジテレビ739)
「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」(紅組司会)
お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル」(司会)
「FOOTBALL CX」
「メトロでピント!」(2003年〜2004年)→「〜でピント!」(メトロ、サックス」、ピアニカのいずれか)などのコーナー(2004年秋〜2005年5月)→「HAPPY BIRTHDAY」のコーナー(2005年秋〜2006年5月)
「脳内エステIQサプリ」秘書(2005年8月13・20日・11月5日〜)
恐怖の食卓(特番、先代の高島彩に代わり第5回〜)
posted by kazooya at 00:00| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子アナ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25095077

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。